« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009/06/30

迷走神経反射

迷走神経反射をご存知でしょうか?”ストレス、強い疼痛、排泄、腹部内臓疾患などによる刺激が迷走神経求心枝を介して脳幹血管運動中枢を刺激し、心拍数の低下や血管拡張による血圧低下などをきたす生理的反応”とは日本救急医学会の定義ですが、要するにあんまり痛みが強い時に気絶することです。今日、犬に両手を咬まれた男性がいらっしゃいました。犬の傷は十中八九化膿するので、咬まれた奥の方まで消毒しなければなりません。これが痛い。「痛くないですか?大丈夫ですか?」と聞きながら何カ所か消毒していましたが、突然受け答えがなくなったと思ったら意識がない!!こっちがびっくり仰天。あせりまくりました。癲癇か?脳梗塞か?呼びかけてすぐに意識を取り戻されたので一安心しましたが、迷走神経反射にはいつも驚かされます。前にも巻き爪の手術中の女性が気絶されたことがありましたが、あんまり我慢強いのも考えものです。Images

2009/06/29

救急要請を!!

今日、午前診の途中にかかりつけの方の家族から電話がかかってきました。往診して欲しいとのこと。普段元気な方なのでいぶかしく思い、詳しく聞いてみると手足が痺れて動かないとのこと。それは緊急状態!!のんきに往診云々言っている場合じゃない。すぐに救急要請するよう指示しました。夕方再び電話がかかってきましたが、市立病院に救急で運ばれ脳梗塞であったとのこと。ここでワンポイントレッスン。”頭が割れる様に痛い””手足が動かない””呂律が回らない””げーげー嘔吐する”こういったことは全て脳疾患の可能性があり、すぐに脳検査が必要です。いつもと様子が違うと思ったらすぐに救急要請しましょう。もちろんタクシー代わりに救急車を使うのは論外ですが、こんな症状の時は躊躇せずに呼んで下さい。一刻を争います。
12317200151720

2009/06/26

エコ自転車

今日は昨日とはうってかわって大忙しでした。御来院下さいました皆様、ありがとうございました。毎月第4金曜日は医師会定例会です。理事の私は特に発言する用事がなくても出席しなければなりません。今日も例によって例のごとく自転車で出動しました。今日は暑いとはいっても風があり、自転車でも割合に快適でした。毎月なんやかんやで10回近くは医師会・市役所などに用事ででかけます。最初は自転車なんて無理と思っていましたが、今ではもう自転車でないと無理!車より速いし、エコそのものでまさに時代の最先端。患者様にもよくお会いしますし。今日も途中で後ろに引っ張られると思ったら、馴染みの方のいたずらでした。Ecokid1_2

2009/06/25

診察は暇でしたが・・・

今日は午前中ずっと閑古鳥が鳴いていました。ああ暇だ・・・もっと患者さん来てくれないかな・・・。忙し過ぎるのは嫌なのですが、暇なのはもっと嫌!!暇だから休診にという訳にはいきませんし、スタッフが手持ち無沙汰なのは経営者として精神衛生上よろしくない。一転して昼休みは忙しく、次回の新聞作りやら医療フォラームの招聘状の作成やらでてんてこまいでしたが、これは本業じゃないしなあ。49231

2009/06/24

宝塚医療福祉市民フォーラム

宝塚市では医師会をはじめ歯科医師会・薬剤師会・老人会など市内の医療・介護・福祉関係の諸団体で宝塚医療推進協議会という団体をつくっています。この協議会の主催で2年前から毎年度、宝塚医療福祉市民フォーラムを催してきました。昨年度は「シッコ」というアメリカの医療の現状を批判的に描いたマイケル・ムーア監督の映画を宝塚ホテルで上映し、500名近い市民の方々に参加して頂きました。大変に意義深く重要なフォーラムですが、医師会で企画実行をまかされている私としては荷が重い・・・。今年度は担当を外れるかと思っていましたが、急遽再び担当となりあせっています。映画の上映会を続ける訳にもいきませんので講演会を主体にパネルディスカッション仕立てで・・・と考えていますが、さてメインテーマは何にしよう。最近はやりの地域連携でいくか。では講演は誰にお願いしよう?高名な鎌田實先生に来て頂けないか?など、悪戦苦闘しながら企画を練っています。Img_266997_3231572_0_3

2009/06/23

医政研究会

今日は昼間に宝塚市の医政研究会が開かれたので医療会館まで自転車を飛ばして行ってきました。暑いとはいえ昨日ほどでなかったのは幸いでした。集まったのは宝塚市医師会の医政担当の理事3人。今期のテーマは社会保障における医療財源です。小泉・竹中時代の「骨太の方針2006」以降、医療費は毎年自然増加分から2200億円ずつ削減されてきました。毎年人口構成が少子高齢化しつつあり、どうしても医療費のかかる高齢者が増加しているので、同じ医療内容であっても毎年医療費は増加します。それを2200億円ずつ削減するのですからどこかに皺寄せがくるのは当然。マスコミでも盛んに報じられていますが医療は崩壊しつつあります。幸い昨日決まった「骨太の方針2009」では与謝野大臣も明言していましたが2200億円削減は事実上撤廃されたようです。となると次は財源ですが、公共投資は随分と少なくなったし、どこかを削って医療費にまわすのは難しいようです。諸外国と比べると日本の付加価値税(消費税)の水準は低く、この税のあり方が焦点となっています。
Stt0902021417000p1_2

2009/06/22

すでに真夏か

今日は本当に暑い日でした。一日雨かと思っていたら昼から晴れてきたので、ネットオークションの決済のために逆瀬川の銀行まで自転車で行ってきました。しかし播州信用金庫の手前でもう後悔しきり。手ぬぐいを首に巻いたいつもの夏のスタイルで自転車のかごにミネラルウオーターをいれていきましたが、もうぶっ倒れそうです。何とか用事を済ませましたがそのあとずっと調子が悪い。今からこれでは思いやられますが、まさか熱中症?9eca975fba2c7d2b5a0fb0d48839eee4_3

2009/06/19

受験勉強

うちの長男、小学校4年生ですが、最近はもう受験勉強まっただ中です。昔は小学校5年生位からぼちぼち塾通いをしだすのが普通でしたが、最近はすごく早くて、長男は3年生の冬頃から塾にいき出しましたがそれでも遅いようです。今は週に3回塾に通って、月に2回は日曜テストがあって、夏休みも夏期講習がびっちりです。よくがんばるなあと感心しますが成績もびっくりする位で、お前はのび太かと突っ込みたくなります・・・さすがに0点はとったことがないのでのび太よりはちょっとましか。うちにはドラえもんはいないのでとにかく自分でがんばってもらわねば・・・。4年生から酷なことですが。
Images

2009/06/18

鼠径ヘルニア

鼠径ヘルニアをご存知でしょうか?いわゆる”脱腸”のことで乳幼児にもありますが、加齢により腹壁の筋肉が衰えることにより、股の付け根(鼠径部)にお腹の中から腸がとび出してくる状態で、高齢の方によくみられます。今日、近くの内科の先生から「昼過ぎから右の鼠径部に急にしこりができて痛がっている方が来てるが診てくれないか?」と電話がかかってきました。鼠径ヘルニアに違いないと思ってお引き受けし、診させて頂きましたがやっぱり鼠径ヘルニアの様です。ゆっくり押し込もうとしましたが痛がるばかりでうまくいきません。”困った、嵌頓しているようだ・・・。”嵌頓とは出てきたヘルニアが戻らなくなった状態で、中の腸が締め付けられて壊死に陥ることもあり、すぐに手術を考えなければなりません。と思っているうちに「先生小ちゃくなってきました。」との患者様の言葉。どれどれ・・・戻ってる!!よかった!!痛みもすっかりなくなったようです。外科医にしかできない治療がうまくいって面目も施せました。M_il_k01_2

2009/06/17

痛みはあれど

当院には膝痛や腰痛の方が大勢いらっしゃいます。ある程度の年齢になってくると膝や腰はどうしても老化を起こし、痛みが生じることが多くなってきます。痛みはとても辛いもので何とかしてあげたいのはやまやまですが、80歳を越えるような方の場合、なかなかすっきりとはいきません。理学療法・消炎鎮痛薬・注射など色々な治療を施しながら、だましだまし日々過ごしていくことになります。この時、患者様の意識の持ち方でだいぶ毎日の暮らし向きが違うように思われます。寝たきりな訳でもなく、人に頼らず自分で歩け、自分の身の回りのことは自分ででき、ご飯もおいしい・・・こういう風に思える方は同じ痛みがあっても溌剌とされています。それとは逆に辛い辛い、昔はこうじゃなかったと訴えばかりをされる方は(確かに辛いのは判りますが)どうもあまり毎日の生活が楽しくはないようです。「病は気から」と言いますが物事をポジティブに捉えるのはとても大切です。痛いけれど一人で動ける、痛いけれどご飯がおいしい・・・そう思うだけで少し気分が軽くなるのではないでしょうか。C9a8c4cb

2009/06/16

先生、お腹痛い。

今日、いつもリハビリに来ている患者様がローラーベッドに乗りながら、「先生、お腹痛いから薬ちょうだい。」とおっしゃいました。診察室からホイホイと行ってお腹を診てみましたが、お腹は全体に軟らかくて平坦で、腸の音も正常です。異常な物も触れませんし、押さえてみても痛みの場所ははっきりしません。「いつから痛いの?」と聞くと「ちょっと前から。」との返事。”お腹の所見はたいしたことはないし、熱など全身の症状もない。腸の動きも正常な様だし・・・。”どうも命にかかわる重大な病気ではなさそうだが何だろう?すると「私、いっつもこの時期お腹痛くなんねん。」とのこと。毎年同じ時期に起こるなら原因ははっきりしないが心配は無用と告げるとホッとした様子。実は癌を心配していたとのこと。医師からすると明らかに重病ではないだろうと思われることも、患者様本人には大きな心配の元なのだと改めて感じました。Fukubu2_3

2009/06/15

ジェネリック医薬品採用のお知らせ

この度、膀胱炎などでよく処方している抗生剤のクラビット(第一三共:薬価1錠173.3円)を在庫終了次第、最近発売されたジェネリック医薬品のレボフロキサシン錠100mg「タイヨー」(大洋薬品工業 :薬価1錠121.6円)に変更致します。レボフロキサシン錠100mg「タイヨー」はクラビットと同一成分の薬剤で効能効果は同じです。ジェネリック薬品であるため薬価はほぼ2/3になっており、その分患者様の自己負担金額を減らすことができます(例えば1日3回服用で4日間の処方の場合、3割負担の方で180円程窓口でのお支払いが減ることになります)。1109_levofloxacin_tab100mg_ptp

2009/06/12

日経平均株価

日経平均株価がすごい勢いで上がっています。ついこの間、バブル後最安値で今にも7000円を割り込みかけていたのが、なんと1万円の大台を回復しました。しかしこんな短期間に経済がよくなった訳でもありませんし、どうも怪しい気配が濃厚です。またドカンと下がるのでは・・・。GMが倒れて5000円になったら安値買いをしようと企んでいましたが、あてがはずれてしまいました。N225

2009/06/11

でぶは短命ではない?

驚くべき研究結果が発表されました。厚生労働省研究班の報告によると、40歳時点の体格でその後の余命に大きな差があり、太り気味の人が最も長命であることが判明したそうです。詳しく言うと40歳時点の平均余命は普通体重では男性39.94年、女性47.97年なのに対し、太り気味では男性が41.64年、女性が48.05年と長命だったのです(さらに太って「肥満」に分類された人は男性が39.41年、女性が46.02年と少し短くなりますが・・・)。しかし真に驚くべきことは40歳時点でやせた人は男性34.54年、女性41.79年しかなかったのです。メタボメタボと騒がれますが必ずしもやせが優秀とは限らないようです(もちろん肥満でオッケーとういう訳ではありませんが)。
Img_himan11

2009/06/10

ニューリッチ

今日のニュースで知りましたが、臼井弘文という会社社長が偽の上場話で詐欺を行い、計22億円をだまし取ったとして逮捕されました。この方、もちろん知り合いではありませんが、ちょっと前までブイブイいわせていた人です。「ニューリッチ」と称する新興富裕層向けに雑誌を出し、クルーザー・プライベートジェットなどきらびやかな言葉を使っていました。題名に惹かれて買った「リアルリッチの世界」というムック本にこの人の話が載っていましたが、今となっては「ニューリッチ」「リアルリッチ」という言葉は何とも空虚で滑稽にきこえます。マネーゲームで巨富を手にした外資系の人達や土地ころがしまがいの手法でのしあがってきた新興ディベロッパーの経営者達の多くはリストラされたり会社そのものがなくなりました・・・まあ、自業自得といえるのでザマーミロではありますが。

060417hi01_1

2009/06/09

ハッピーバースデー

今日、6月9日は私の43回目の誕生日です。一昨年から昨年、ちょうど本厄から後厄にかけては何ともいえず体調がすぐれませんでしたが、厄年から段々と遠ざかりつつある今は大分落ち着きました。男の厄年は42歳ですが、この位の年齢は男の更年期にあたるのでしょうか。今日の誕生日、娘はお父さんに紙でリボンを作ってくれ、息子は塾のテストでお父さんのためにがんばってクラストップになってくれました。なんでもないようなことですがお金をかけた物よりずっと身に沁みます。443

2009/06/08

逆流性食道炎

逆流性食道炎という病気をご存知でしょうか?文字通り胃酸が胃から食道に逆流して炎症を起こす病気です。生死にかかわる重病とはいえませんが胸焼けなどの不快な症状が続きます。実は私も逆流性食道炎で困っています。肥満のために胃の入り口が引き延ばされてしまりが緩くなっているからでしょう。特にピザや焼き肉などの脂っこい物を食べた後の就寝中には、グワッという音と共に胃液がこみあげてきて、しばしば鼻の中まで胃液が充満してひどいことになります。最近は寝る前に胃酸を抑える薬を服用しているので胃液がこみ上げてきてもさほどではありませんが、以前は殆ど毎日、酸のために喉や鼻が焼け付くようで本当に辛い思いをしていました。こんな病気が最近は増えている様です。Cut

2009/06/05

ウィスキーは好きですか?

毎晩毎晩ウイスキーを飲んでいます。愛用しているのはニッカのモルトクラブ。700mlで1200円程と割安ですがこれがサントリーよりずっとおいしい。ソーダ割りで飲んでいます(ソーダはサントリーですが・・・)。大体週に1本空けるペースでしょうか?その他にワインを2〜3本、缶ビール・缶チューハイを350mlで5〜6本といった感じで毎週消費しています。001_4904230004790_3

2009/06/04

空気読めや!!うーッ!!

最近、若手のお笑いタレントが大勢でてきていますが、今気に入っているのが”ものいい”です。ヤセとデブ、典型的なお笑いコンビですが間がよくて、”空気読めや!!うーッ!!”のフレーズが妙に気に入りました。そういえば当院にやってくるMRさんにも(どことは言えませんが)空気を読みづらい方もいるようで、応対するのに困ってしまいます。Novartis_logo

2009/06/03

医師会写真

先日の医師会総会の写真ができました。懇親会で座ったテーブルのメンバーですが、皆さん私より年上です。一番年下なのにでっぷり座って恐縮至極でした。メンバーは左より安井先生(安井内科)・蒲先生(かば内科クリニック)・私・谷仲先生(やなかクリニック)・寺林先生(寺林医院)・平野先生(平野マタニティクリニック)で、宝塚ではお馴染みの先生ばかりです。
Photo_2

2009/06/02

学校検診・・・第四弾

今日、今シーズン最後の学校検診に行ってきました。本日は仁川小学校です。この小学校、比較的最近に建ったもので大変にきれいです。廊下もフローリングで幅広く、エレベーターもありました。小学校というよりは介護施設の様。少子高齢化のおり、将来的には老人施設に転用されるのではないかとの噂も。今日は高学年の女子も担当でしたが、モジモジとやりにくいったらない!!毎年医師会で問題になることですが、小学生でも女子は高学年になるとなかなかスパッと上着を脱いでくれず、上着をあげて丸っこくなるので聴診もしにくければアトピー性皮膚炎や伝染性軟属腫もはっきり診れません。最近は男子でも脱がない子がおり困ったものです。もちろん微妙な年齢なので配慮は必要ですが、私が子供の頃とは随分違います。これも時代の流れでしょうか。それにしても医師会会員の義務とはいえ計4校の検診は疲れました。
Kousyou

2009/06/01

インフルエンザ・・・終焉か?

めっきり新型インフルエンザの話を聞かなくなりました。新聞でもベタ記事扱いです。先週一週間は当院でも健康福祉事務所からの発熱患者の紹介に備えて体制を整えていましたが、結局一人も紹介されず。それどころか一般外来にも発熱の方は来られませんでした。宝塚市立病院の体制も縮小されたようですし、終息宣言をだした神戸市に続き、宝塚市でもほぼ流行はおさまったようです。問題は寒くなってくる秋からの再流行ですが・・・。Newspaper_20051128_01_3

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »